車査定のメリットとデメリット

車査定のメリットとデメリットですが、中古車買い取りか販売店での下取りするかにもよってそれぞれ違ってくると思いますが、ディーラーさんでの下取りの場合、手間のかかる手続き等はすべてディーラーさんがやってくれますので、安心で簡単というところがメリットだと思いますが、デメリットとしてカーディーラーさんでの下取りは、そもそも新車を購入する際の値引き額という位置づけですので、年式等によっては買い取り業者での査定額の相場よりも低く査定されてしまうことも良くあるようです。
中古車買い取りの車査定のメリットはやはりインターネットでの一括査定などを利用し、自宅に居ながら複数社に査定が依頼できる、中古車の年式が古くても人気や需要によって査定額が上がったり、パーツなども査定の対象になるので高額査定の可能性も大きいというところです。
また反対に中古車市場や地域によっては査定依頼した業者ごとに査定額に差が出てしまうところがデメリットかもしれませんので、なるべく多くの買い取り業者に査定依頼されることをお勧めいたします。

 

中古車の売却時用途について

車の下取りと買取の違いといえば、査定後売却契約が成立すれば現金で取引されるのが買取、一方下取りはディーラーさんでの新車購入が前提となりますので、新しい車購入のための値引き額・・・といったところが車の下取りと買取の大きな違いであると思います。
車の下取りと買取は目的や売りたいクルマによって選ぶと良いと言われています。あくまで売却が目的で現金がすぐ手元に欲しい場合は買取業者、新車購入の目的ならば販売店での下取りといったほうが都合は良いかもしれませんし、少しでも高く売却したいといった場合、クルマの年式も高く、人気の車種であれば買取業者、古い年式またはあまり人気がない車種でも販売店ならばある程度の下取り価格はつけてくれます。
また今多くなっている改造車などは販売店の下取りに比べ、買取業者のほうが場合によってはパーツなど高く評価もしてもらえることがあるようです。車の下取りと買取の違いは売りたいクルマによってメリットデメリットがありますが、目的に合わせてご自分の納得のいく売却ができるよう選ぶといいですね。

 

 

↓愛車の売却をご検討の方はコチラ!↓

≪ お住まい地域の車買取一括査定サイト ≫